Silver501

アメリカ買い付けのインディアンジュエリー/
神戸デザインのオリジナルジュエリー
元町店は移転のためしばらくの間閉店します。(5月頃オープン予定)
本店は引き続き営業しております。

インディアンジュエリー アメリカ買い付け品

SILVER501では年に1~3回程度渡米し、すべて自分たちの審美眼で選んだ珠玉のインディアンジュエリーをご紹介。
ビギナーにお勧めなリーズナブルアクセから、コレクター魂をくすぐるハイエンドジュエリーまで幅広く取りそろえております。

ホピ族|HOPI 

“HOPI”とは彼ら古来の言葉で“平和”を意味し、多くの人々が今も伝統に深く根ざした生活をしています。

クラン(氏族)という制度があり、【水】【雪】【太陽】などの自然にまつわるものから【熊】【蛇】【イーグル】【コヨーテ】【ウサギ】等の動物にまつわるものなどに、それぞれが属しています。

ジュエリー制作(シルバースミス)に関してはシルバー板を糸のこでカットしたり、鑢やその他でさまざまなテクスチャーを付けそれを複数枚重ねることで絵柄を表現する『オーバーレイ技法』が特徴的です。

また、木を彫ってペイントしたり羽飾りを付けたりしてカチナ(精霊)の姿を表現するカーヴァーと呼ばれるアーティストも居ます。

ホピ族について

ナバホ族|NAVAJO 

アメリカインディアンの中では最大級の居留地を保有していると言われています。

部族を構成する人数も多く、ジュエリー制作ではターコイズやサンゴ等の一個石をメインに使う作風から、石を細かくカットして花びらのように敷き詰めたクラスターワーク、銀板にタガネで力強く模様を打ちこむスタンプワーク、精密な模様を彫りこんだ石に銀を流し込んで鋳造するキャスティングなどとても幅広い技法が使われています。

また、ウールを緻密に織り上げて伝統的な模様を描きあげるナバホラグも非常に人気です。

ナバホ族について

ズニ族|ZUNI 

ニューメキシコ州の中南部で定住民族として生活するズニ族。あまり多くない人口ではありますが、部族の伝統や儀式を大切に守り受け継いでいます。

ジュエリーにおいては、非常に細かく石をカットしてシルバーに嵌めこみ絵柄を表現するインレイ(象嵌)や花びらのように放射状にセットするプチポイントなどが有名な作風です。

また石を彫りあげて動物などの形をつくるフェティッシュも、部屋のオブジェやお守りとして愛されています。

ズニ族について

イスレタ族|マイケル・カーク 

ニューメキシコ州中部の都市アルバカーキ近郊、リオグランデ川沿いのプエブロで生活する部族。紀元1300年代に創設されたといわれ、プエブロ族の中でも比較的大きな規模を誇ります。

当店では、独特の美しいイーグルフェザーのモチーフで有名なMichael Kirk(マイケル・カーク)氏と長年の取引を続けています。

マイケル・カークについて